--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-02(Thu)

ネフェルティティは絶世の美女ではなかった?胸像をCTスキャン

ネフェルティティは絶世の美女ではなかった?胸像をCTスキャン



【4月1日 AFP】古代エジプトの最も貴重な遺物の1つであるネフェルティティ(Nefertiti)王妃の胸像には、隠された「第二の顔」があった――。ドイツの研究者らが31日、CTスキャンによって明らかになったと発表した。

 繊細で彫りの深いスタッコ仕上げのネフェルティティの顔は、CTスキャンにかけてみると、内部の大理石では目尻の彫り、ほおから口角にかけての笑いじわの彫りは浅く、威厳を示すほお骨はさほど張っておらず、鼻のてっぺんには小さなこぶがあることが明らかになった。ネフェルティティは「絶世の美女」とされているが、こうした分析結果は、胸像の外見上ほどは美女の特質を備えていなかった可能性を示唆しているという。

 また、内部の大理石を3D画像に合成した結果、像は複数の工程で制作され、顔の造りには当時の美学が反映された可能性があることも明らかになった。(c)AFP





 人気ブログランキングポチッとおしてね






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード